ベルブランはニキビが治った後にニキビ染みを改善できる美容液です。
ただしベルブランは「ブースター型導入液」と呼ばれており、一般的な美容液と少し使い方が異なります。

このページでは、ベルブランの正しい使い方や効果的な使い方を紹介します。

1.ベルブランの正しい使い方

まずはベルブランの正しい使い方を紹介します。

1-1.ベルブランの使い方は簡単!1日2回使用するだけ

ベルブラン 使い方
ベルブランの基本的な使い方は、朝と夜の1日2回使用するだけです。

1:クレンジング・洗顔で余分な汚れを落とす
まずはメイク汚れや皮脂汚れを落とします。
洗浄力が強すぎるとかえってニキビトラブルを招く原因となるので、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングで落としましょう。
2:ベルブランを2~3プッシュ分取り、優しく浸透させる

洗顔後、普段の化粧水や美容液を使用する前にベルブランを使用します。
ベルブランには、ニキビで固まった肌を柔らかくする油溶性甘草エキスが配合されています。

ベルブランを先に使用することで、後の化粧水や美容液の効果を最大限まで引き出す効果が期待できます。
また、ベルブランは非常に伸びが良いため、2~3プッシュ分で十分お肌全体をケアできます。
3.化粧水や美容液でケアする
ベルブランの使用後に化粧水や美容液でさらにケアしましょう。
4.乳液やクリームでしっかり保湿する
最後に必ず乳液やクリームで保湿しましょう。
ベルブランや化粧水の成分の蒸発を防ぐことができます。

ただし油分を含んでいるので、脂性肌の方はサッと薄く塗るようにしましょう。
乳液の方が油分は低いので、自分の肌に合わせて使い分けましょう。

1-2.1ヶ月は継続しましょう

ベルブランは「塗ってすぐに効く」といった即効性は期待できません。
肌のターンオーバーは一般的に28日といわれているため、最低でも1ヶ月間は継続して使用しましょう。

ただしベルブランの口コミには「1週間で化粧ノリが良くなった」「肌がパッと明るくなった気がする」というような内容も見られました。
ニキビ染みの改善には継続する必要がありますが、肌の変化は比較的早く実感できる可能性があります。

2.ベルブランの効果的な使い方


口コミで話題となったベルブランの効果的な使い方を紹介します。

2-1.肌荒れがひどい時はコットンパック

ひどく色素沈着していたり、肌の調子が悪い場合は、コットンパックがおすすめです。
コットンに精製水を染み込ませた後にベルブランを加え、コットンを肌に乗せて3分ほど放置します。

「2,3日続けると肌荒れが随分マシになる」という声もあります。
肌のコンディションに合わせてケアしてください。

2-2.イオン導入で肌の奥まで浸透させよう

公式サイトでもおすすめされている使い方がイオン導入です。
洗顔後、ベルブランを肌に塗布し、イオン導入器やエレクトロポーション美顔器で浸透させます。

ベルブランは無添加化粧品なので肌の奥までが浸透しても肌荒れを起こす心配が低いです。
家庭用のイオン導入機が必要ですが、お持ちの方はぜひ実践してみてください。

3.まとめ

ベルブランは1日2回、洗顔後に使用するだけです。
後の化粧水や美容液の浸透力も高めることができます。

肌トラブルがひどい時は、コットンパックやイオン導入でケアすると効果的です。
ベルブランを効果的に使ってニキビ染みのない肌へ改善しましょう。